CLIMBING IS GOOD!

貴方のベストシュースとサイズ選びをお手伝い

 

クライミングシューズの選択は何度やっても難しいものです。どのメーカーにするか、どのタイプにするか、そして適正なサイズは?そしてなによりも価格や履き心地、耐久性も気になります。また課題を解決できるのなら、多少の痛みや出費に耐えれるかどうか。それともグレードにはこだわらず、快適な履き心地で苦痛とは無縁のシューズを選択するか。

 

TOMYWALKでは20年間、クライマーのシューズ選びを、シューズ販売のプロとして、また同じクライマーとしての立場で、そしてスポーツ選手のボディケアを生業とする視点と経験からアドバイスさせていただきました。そして今後も皆様のすばらしいクライミングライフのサポートをさせていただきたいと思います。

これから外岩デビューされるクライマーへ

 

目的のボルダーに先客がいた場合、まずは挨拶をしてから、『マットお借りします!』と念のため一声かけて下さい。。さらに自分のマットを敷きたい時は先客の了解を得てマットを『置いて』下さい。『投げて』いざこざなったこともありますから。先客が一人の場合、居心地が悪くなって早々の撤収とならないよう、仲間の輪に入ってもらいましょう。そして後続の組が来たら『WELLCOME!』。外岩はパブリックスペース。なるだけ紳士的に接しましょう。

 

ボルダリングの醍醐味は、あーでもない、こーでもないと自分でムーブを探し、組み立てていくところにあります。過度なアドバイスは迷惑行為。動画のチェックもほどほどに。答えを見てから問題解いても充実感ないでしょ?同じ課題でも使うホールド・スタンスも人それぞれですし、身体の使い方は千差万別です。『えっ?そんなムーブで登れんの?』というのが、かっこよさでありスタイルだと思うわけです。

 

そして、自分がつけたチョークは自分でしっかり落として帰りましょう。

最近岩がチョークで真っ白です。

 ONLINESHOPはこちら

送料無料、サイズ交換OK!

SPORTIVA/ SCARPA / BOREAL / FIVETEN/MADROCK/METOLIUS
BLACKDIAMOND/BEAL/FLASHED/IBBZ/BLURR/VERVE/SMARTWOOL